部屋とスウェットプルオーバーと私

“ICHIMIはシャツ屋じゃないんだ実は” 第2弾です。

スウェットプルオーバーの登場です。車柄はそのままにほどよい厚みの裏毛にプリントしました。
一枚で着ても、シャツやTシャツの上から重ね着してもサマになる形になっております。
ユニセックスサイズからXLまであります。

ee612e4a5d6d6c61b6111bca5a3bd1e6

昔こーいうの「トレーナー」て言いましたよね。いつからスウェットなんて呼び出したんでしょうか。
それはさておきかわいいキッズもあります。

55f63ab5ff10b78a245bac8b7fdc0ce2
サイズは100〜120まで。
やんちゃキッズが着るとやっぱ「トレーナー」って呼びたくなりますね。下はもちろん「パンツ」ではなく「ズボン」ね。

オシャレに敏感な方々は名前を変えたがるんですかね。昔から名前が変わっちゃったもの、たくさんあります。

「チャック」→「ファスナー」
子供の頃うるさくしてると「口チャック!」とか言われたけど今の子たちは「口ファスナー!」とか言われてるのかな。

「コール天」→「コーデュロイ」
今聞くとなんか天ぷらみたいで美味しそう。

「Gパン」→「ジーンズ」→「デニム」
男ならGパンだろ。カッコつけてデニムとか言うのやめよう。
デニムって生地の名前だからね。おにぎりのこと「米」っていうの?言わないでしょ。

「チョッキ」→「ベスト」→「ジレ」
ポルトガル語→英語→フランス語。日本人てほんといい加減だな。

「カッターシャツ」→「Yシャツ」→「シャツ」
カッターシャツは西日本限定らしい。「勝った」をもじってスポーツ用品のミズノが名づけたらしい。
あの名曲の題名に当てはめると「部屋とカッターシャツと私」
なんかすごい切れ味よさそうだな。

あの歌詞、私が「トレーナー」の袖を鼻水でカピカピにして遊んでいた頃は理解できなかったけど、今見るとなかなかパンチの聞いた歌詞だったんだな。

You may also like...